toggle
2020-01-07

怖い歯周病

歯周病は歯を失う怖い病気です

歯槽膿漏という言葉をお聞きになったことがあるのではないでしょうか? 以前は、歯槽膿漏と言われていましたが、現在は、歯周病や歯周炎と呼ばれることが多くなりました。

歯周病もいくつかの段階があります。どの段階に当たるのかは、パノラマレントゲンを撮り、歯周病基本検査といわれる、歯周ポケットの深さを測った上での診断になります。

どの段階であっても、まずは丁寧に歯磨きすることが、一番重要になります。 歯周病に罹っている方は、この歯磨きがきちんとできていない場合が多いんです。ご本人の磨いていると磨けているは違います。 まずは、歯磨きの方法をしっかりと学び、普段磨けないところについては、歯科医院でのお掃除が必要です。

市川歯科医院では、歯科医師による診断と、歯科衛生士による歯磨き指導や、歯石やプラークの機械的な清掃を行っています。

歯ぐきが腫れている、出血が見られる、口臭がする、朝起きた時にお口の中がねばねばするなどの症状がありましたら、当院へご相談ください。

関連記事
Call Now Button