toggle
2020-07-02

矯正治療のメリット

矯正治療を行うことは、ただ歯並びを良くするということではありません。歯並びが悪いということは、噛み合わせが悪い状態が多く、しっかり食べ物を噛めない、きれいな発音ができないなどの問題点があるはずです。しっかり食べ物を噛めなければ、消化にも影響を及ぼすわけで、全身の健康のためにも矯正治療を行うメリットがあります。

メリットその1

小顔になることも。噛み合わせが良くない場合、噛むことに余計に力が入っています。力が入っているということは、頬の部分の筋肉(咬筋)を使っているために、いわゆるえらが張っている状態になります。歯並びを改善することで、噛み合わせが良くなり、咬筋が弱まることで、結果小顔になります。

メリットその2

横顔が素敵になります。出っ歯の方は、横から見ても、お口の部分が突き出しているように見えます。矯正を行うことで、唇側に倒れていた歯が正しい位置に戻り、結果、鼻下と唇の間の角度が変わり、スッキリした印象に見えます。

メリットその3

歯並びが改善されると、唾液の分泌が良くなります。しっかり噛むことで、人間の体が必然的に唾液を出そうとするのです。唾液は別にと思われるかもしれませんが、唾液の分泌が活発になることは、消化酵素が沢山分泌され、ホルモンも多く出るようになり、結果若返りに効果があります。

メリットその4

歯並びが悪いと、歯ブラシがきちんと届かず、そこから虫歯が発生したり、歯がまっすぐ立っていないために、歯を支える歯槽骨にも影響を及ぼすため、歯周病にもかかりやすくなります。また本来は均等に歯に力が入って、物を咀嚼しますが、一部の歯に力が入って、過剰な力がかかっていることも考えられます。ご自身の歯を守るためにも、矯正のメリットは大きいはずです。

矯正治療の簡単な流れ

まずは、矯正の先生に相談されることが重要です。現在の歯並びの状態や、お悩みの点、もし矯正を始めるとしたら、どのぐらいの期間や費用が掛かるか、など、30分程度じっくりカウンセリングしていただきます。矯正をしようと決めていただければ、精密検査と言って、お顔や口腔内の写真撮影、頭部や歯のレントゲンを撮って、歯並びの状態を見極めます。検査結果を元に、詳しい歯並びの状態の報告と、治療計画を出します。期間や費用に納得していただければ、治療を開始していきます。装置を装着し、1か月に1度ぐらいのペースで調整とクリーニングを行っていきます。治療期間は人それぞれ異なりますが、目標の歯並びになれば、あとは、リテーナーと呼ばれる保定装置を着けていただきます。皆様、歯並びがきれいになったら終わりとお考えの方が多いのですが、一生綺麗な状態で使っていただくためにも、大切な期間になります。

装置はどんなものがあるの?

従来からある、ブラケットとワイヤーで固定するイメージが強いですが、種類はそれだけではありません。皆様のお声として、極力目立たない装置をご希望の場合には、裏側矯正や、マウスピース矯正などのご提案も可能です。装置により、メリットデメリットがあり、患者様のご希望と歯並びの状態を見極めて複数の装置をご紹介しています。

錦糸町の市川歯科医院では、日本矯正学会認定医が矯正治療を行っています。最初のご相談は無料で行っておりますので、歯並びでお悩みの方はいつでもご相談ください。矯正治療についての詳しい情報は、新生会矯正治療サイトもございますので、ご覧ください。

関連記事
Call Now Button