失敗しない矯正医選び

認定医のいる歯科医院

日本矯正歯科学会の認定医か

歯科大学を卒業して歯科医師国家試験に合格すると誰でも矯正治療の専門知識や技術が無くても「私は矯正歯科医」と名乗ることが出来るのが日本の現状です。

矯正歯科は一般歯科とは異なる専門知識・技術を必要とします。
日本矯正歯科学会の認定医を得るには、臨床研修を5年以上行い、矯正関連の論文を発表した上で、受験資格が与えられます。その試験を受けて合格したものだけが矯正認定医の肩書きを授与されるのです。歯科医師なら矯正治療を行う事ができても、経験の差は明らかですね。

晴れて、認定医になったとしてもそれからが問題です。
実際に患者さんを治療していかないと経験は積まれていかないのです。

又、ただ経験を積み重ねるだけではダメです。歯科医療は進歩しているのです。各種の学会、講習会、勉強会などに定期的に出席し、常に最新の医療を勉強していかなければいけません。

また、認定医には更新があり、5年ごとに学会の出席、学会発表などのポイントをクリアしていかなくてはいけません。

適正な価格

矯正治療は自費診療ですので、先生がある意味好きなように決めることができます。しかし、矯正装置にもある程度の相場があり、当院では適正な価格で矯正治療を行っていると自負しております。矯正治療は、長い期間、先生と付き合っていき、価格も高い治療ですので、是非納得のいく形で治療を始めていただければと思います。

治療期間

矯正治療には、装置を使って歯を動かしていく治療方法と、歯を削って歯の並びを整える方法があります。前者は、歯を直接動かしていきますので、当然時間がかかります。後者は、審美歯科という事になりますが、早く治療を希望される方は、後者の選択もあるにはあります。しかし、当院としては、歯の役割や寿命を考えると後者はお勧めできません。健康な歯を削れば、歯の寿命は短くなります。せっかく健康な歯なのにと思ってしまいます。患者様のご希望がありますので、「これはだめですよ」とは言い切れませんが、患者様のお悩みの部分をじっくり伺うためにも、是非無料相談にお越しいただければと思います。

まずはお気軽にお電話を

(平日)10:00~19:30
(土日祝)10:00~19:30

03-5611-2177

JR、東京メトロ線「錦糸町駅」3
東京都墨田区錦糸1-4-14 長嶋ビル1,3F

TO TOP