インプラント( 再生治療とは )

骨を再生する治療法

歯の再生治療とは、歯そのものを元の姿にするという治療ではありません。歯を支えている骨を再生させる治療法です。歯周病が進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨という歯周組織が歯周病菌により破壊されて骨が溶けて行きます。歯周病が恐ろしい所は、歯自体に影響があるのではなく、歯を支えている土台が病気になり、いずれ歯が抜けてしまう事です。歯が抜けてしまったらインプラントをとお考えの方もいらっしゃいますが、実は、インプラントは歯を支えている骨があってできる治療法です。歯周病がひどくなると、この骨が溶けてしまっている可能性が高く、インプラントが出来ない状況もあります。ここでは歯周組織の再生治療法をご紹介します。

GTR法

歯の周りを最大限綺麗にした状態で、歯肉を切開し減ってしまった歯根膜や歯槽骨を人工膜(メンブレン)にて覆います。これにより、骨が徐々にですが再生していきます。 人工膜自体は、時間とともに、吸収されますので、再手術の必要はありません。

エムドゲイン法

子供の歯が生えるときに関係されるエナメルマトリクスたん白質を利用した治療方法です。歯の周りを最大限綺麗にした状態で、歯周ポケットにジェル状のエムドゲインを注入します。このたんぱく質により歯槽骨、歯根膜の再形成されるのを待ちます。

骨の再生治療イメージ

正常な上顎洞
正常な上顎洞
上顎洞の拡大
上顎洞の拡大
骨の再生治療
骨の再生治療

関連記事

まずはお気軽にお電話を

(平日)10:00~19:30
(土日祝)10:00~19:30

03-5611-2177

JR、東京メトロ線「錦糸町駅」3
東京都墨田区錦糸1-4-14 長嶋ビル1,3F

TO TOP