一般歯科( マイクロスコープ治療 )

マイクロスコープ治療とは

microscope

マイクロスコープとは、歯科用の顕微鏡で、患者様のお口の中を20倍まで拡大して、治療を行うことができます。

根管等の見えなかったエリアを、しっかり見ながら治療することで、治療する部分を最小限に抑え、歯の負担を軽減できます。

全ての歯科医院に導入されているわけではありません

高額な機械ですので、日本で導入されている医院は5%程と少ないのが実情です。市川歯科医院では、自費治療だけでなく、保険治療においてもマイクロスコープを使用しております。

歯の奥をしっかり見て治療できます

根管治療(神経治療)は、見えないエリアを歯科医師の経験と勘で治療する訳ですが、マイクロスコープを使うことで、根管内をしっかりと見ながら治療することが可能になりました。しっかりと中を確認しながら治療を行えるので、結果治療精度が上がり、その歯を長く持たせることができるようになります。

どんな治療にマイクロスコープを使うか?

microscope2

根管治療や、審美歯科の形成、インプラント手術等、多方面にて利用することができます。

マイクロスコープを使うメリット

マイクロスコープには、カメラ機能やビデオ機能がついております。実際に治療している様子を撮影し、患者様にモニターを見ながらその場でご説明することが可能です。

関連記事

まずはお気軽にお電話を

(平日)10:00~19:30
(土日祝)10:00~19:30

03-5611-2177

JR、東京メトロ線「錦糸町駅」3
東京都墨田区錦糸1-4-14 長嶋ビル1,3F

TO TOP