一般歯科( 自費総入れ歯 )

自費の入れ歯とは

歯を失ってしまった時の選択肢として、インプラント、入れ歯、ブリッジがあります。 当院では、患者様の現存歯の状態や、部位、年齢を考慮し、ご希望を伺った上で、入れ歯のご提案をさせていただくケースもございます。当院には、入れ歯を専門とする医師がおりますので、詳しくご説明することが可能なことと、手法によっては、天然歯に劣らぬ噛み心地を得られる場合もございます。入れ歯には、部分入れ歯や総入れ歯、素材の違い、保険診療や自費診療と様々な種類がございますので、ご希望やご予算をご相談いただければ、ご希望に沿えるような治療方針を出させて頂きます。

入れ歯症例

総入れ歯左サイド 総入れ歯正面 総入れ歯右サイド

コーヌスデンチャー

義歯の手法の1つです。現存歯を利用し、金属冠を作成。それを土台として義歯を作ります。茶筒のような空気圧を利用し、密着により入れ歯が外れない仕組みです。

  • ◆部分入れ歯のバネ(クラスプ)がないので、目立ちにくい。
  • ◆密着度が高いので、しっかり物を噛むことが出来る。
  • ◆支台歯の力が分散され、痛みが出づらく、支台歯を長く利用することが出来る。

コーヌスデンチャー症例

65歳 男性 上顎:総義歯 下顎:コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー症例1

72歳 男性 上顎:総義歯 下顎:コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー症例2

75歳 男性 上顎、下顎とも:コーヌスデンチャー

コーヌスデンチャー症例3

当院の入れ歯製作について

渡部真澄
入れ歯担当:渡部 真澄
コーヌスデンチャーなどは、高度な技術を要する入れ歯製作です。 なかなか技術を持った先生がいらっしゃらないのが実情ですが、当医院では、入れ歯専門医が十分なカウンセリングの元、製作にあたりますので、ご希望やご相談を一度されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

まずはお気軽にお電話を

(平日)10:00~19:30
(土日祝)10:00~19:30

03-5611-2177

JR、東京メトロ線「錦糸町駅」3
東京都墨田区錦糸1-4-14 長嶋ビル1,3F

TO TOP